タンパク質不足と甘いもの|肌荒れや眠気、頭痛の原因も解説!

MENU

タンパク質が不足すると甘いものが食べたくなる

急に甘いものが食べたくなる、という経験をした事がある人は、多いと思います。

 

こういう時には、体に糖分が不足しているのではないかと思いがちですが、実はそうではなくタンパク質が不足しているのです。タンパク質が不足すると、セロトニンと呼ばれる脳内物質が不足してきます。

 

この脳内のセロトニンが不足すると、体が甘いものを食べたいと感じてしまうのです。甘いお菓子などが食べたいと感じる時には、脳の栄養分が足りていない状態なのです。

 

そのため、頭を使う仕事をする時にはよくお菓子などが食べたくなるのです。

 

しかし糖分を含んだ甘いものはセロトニンが含まれていないので、いくら甘いものを食べても満足する事が出来ませんから、つい食べ過ぎてしまい、結果的に太ってしまいます。

 

甘いものが食べたくなった時には、タンパク質が足りていないので、タンパク質を含んだ食品を摂取する事で満足感を得る事が出来ます。

 

簡単にタンパク質を補うには、大豆製品などに豊富に含まれているので、それを食べる事で脳内物質のセロトニンが補われ、満足する事が出来ます。

 

それでも甘い食べ物が食べたい時には、大豆で出来たお菓子などを食べれば満足感を得る事が出来るはずです。

 

 

 

タンパク質不足が原因で肌荒れする?

野菜中心の食事でタンパク質が不足していると、肌荒れの原因となります。

 

美容健康ためにと、食事内容を見直して努力している女性は多いです。野菜中心で肉、魚、卵などのタンパク質を減らすことがヘルシーだと勘違いしているケースが非常に多いのです。

 

野菜で全ての栄養を補うことはできません。身体は毎日食べたものから出来てきます。

 

スナック菓子や加工品、ジャンクフードが身体に良いものではない、という常識は皆持っていますが、肉、魚、卵は身体を太らせるという間違った認識をしている人が多いのです。

 

タンパク質は血となり筋肉となります。人の身体の大半はタンパク質から出来上がってるので、不足すると体調不良になりますし、肌荒れも起こしてしまいます。

 

タンパク質の不足は、健康美容に悪影響を及ぼしてしまいます。肌荒れに、いくら高級なスキンケア化粧品でケアしても改善されません。栄養でみたされた肌細胞が作られなければ、美肌になることができないのです。

 

疲れやすい、疲れが取れない、肌荒れ、髪の毛の痛み、抜け毛、ホルモンバランスの乱れ、風邪を引きやすい。これらの症状は、健康的な食事に変えるだけで改善されます。

 

サプリメントや薬に頼る前に、まずは食事内容を見直すことです。

 

 

 

タンパク質が不足すると眠気が起こる?

ダイエットを気にするあまりタンパク質が不足すると、眠気や肌トラブルといった症状が現れる場合があります。

 

1日に必要なタンパク質の量は、その人の体重×1〜2グラムといわれています。筋肉や骨、皮膚など体を構成する上で必要な物質で、免疫を高めてくれる効果も期待されています。

 

それらが不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れやすく、お肌の調子が悪くなったり、日中でも眠気に襲われ、仕事に集中できないという症状が現れてきます。

 

こういった眠気などの症状を感じている方は、タンパク質の不足が原因の可能性がありますので、意識して摂取するようにしましょう。

 

タンパク質が含まれている食品は、肉や魚といった動物性と穀類や豆といった植物性に分かれます。中でもおすすめの食材が卵と納豆です。

 

卵は9種類あるといわれている、必須アミノ酸を全て含んだ優秀な食材です。1日2個を目安に摂取するのが健康に良いといわれています。

 

納豆はアミノ酸のバランスが優れた食材です。また、大豆には女性に嬉しい美容効果もたくさん含まれているので、美容面を気にする人にとってもおすすめの食材といえるでしょう。

 

納豆と卵でしたら、そこに白米を加えるだけで忙しい朝にピッタリな卵かけ納豆ご飯になり、摂取しやすいメニューといえるでしょう。

 

 

 

タンパク質が不足すると太るって本当?

タンパク質が不足すると太ると言われていますが、その理由は脂肪の燃焼力が低下してしまうからです。

 

筋肉が発達している方で、肥満体というケースはほとんど見られないでしょう。脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要であり、筋肉の原料となるのがタンパク質なのです。

 

そのためタンパク質が不足すると、脂肪が増えて太るわけです。ダイエットするためには食事制限が大切と言われますが、これはタンパク質を不足しないように摂るという意味でもあります。

 

タンパク質と野菜をあまり食べない方は、若くして太ることが多いので、意識して食べるようにしてください。高タンパク・低脂肪の食材が好ましいため、肉の食べ過ぎには注意してください。

 

魚の油は脂肪を溶かしてくれるので、ダイエットしたい方におすすめです。DHAやEPAを積極的に摂ることで血液をキレイにして、脂肪燃焼を促進することができます。

 

血液が汚れていると太りやすくなるので、野菜もたくさん食べるようにしてください。野菜と鶏肉は相性がよく、ノンオイルのドレッシングで食べるのがおすすめです。

 

痩せるためには今ある脂肪を落とし、再び付着させないことが大切となります。リバウンドを防ぐためにも筋肉を増やして、ぜい肉を減らしていきましょう。

 

 

 

足りないと頭痛になる?

タンパク質は血液や神経細胞の材料として重要な役割を担っていますので、もし不足すると血液や神経細胞が正常な状態を保つことができなくなります。

 

そして、血行不良や神経が刺激されることによって、頭痛を引き起こす原因となってしまいます。頭痛の原因がタンパク質不足にあるかもしれないというのは、あまり意識する人が少なく盲点になっています。

 

その上低体温の人は、さらに頭痛となる可能性が高くなります。頭痛以外にも、タンパク質不足によって引き起こされる可能性がある体の変調として、朝起きるのが辛くなるという症状があります。

 

これは、睡眠ホルモンであるメラトニンを作る材料がタンパク質であるために、それが不足することによって質の良い睡眠ができなくなり、朝が辛くなるわけです。

 

また、タンパク質は皮膚を作る材料でもあるため、不足すると肌荒れの原因となります。血色が悪くなったり、肌がカサカサしたり、湿疹やニキビなどの原因にもなるので注意が必要です。

 

さらに免疫細胞を作りだすこともできなくなるので、病気にかかりやすくなります。

 

このように考えると、大切な栄養素として毎日摂取する必要がありますが、1日の目安は体重×1グラムで、体重が50キロの人なら50グラムが目安です。

 

 

参考ウェブサイトに関して

タンパク質不足について色々と解説をしていきました。

 

タンパク質といえば、筋トレなどをするときにもよく語られる成分ですが、筋トレをする場合には、タンパク質を摂取するだけでなく、筋肉サプリというものもあったりします。

 

筋肉サプリについて興味があれば、こちらのサイトを訪問してみることをおすすめします。